更年期の私が「白井田七」を飲んで感じた効果

「白井田七」が更年期に
効果があるのか?

 

高麗人蔘よりも7倍も栄養価が高く、飛躍の生薬と言われている田七人参。
中国でしか育たない田七人参を、日本人である白井博隆さんが、「有機栽培・無農薬で中国雲南省で土壌から作りあげ、原料から育てている」のが、「白井田七。」です。

最近、この白井田七が更年期障害にいいという口コミを見るようになり、ホントに白井田七は効くのか。。。実際に試してみました。
このサイトでは、白井田七が更年期にいい理由と、実際1年以上にわたって飲み続けている私の効果を書いています。

 

 

 

★この記事を書いている管理人のデータ★
年齢・・・46歳
職業・・・週2回〜3回バイト
悩んでいる症状・・・更年期の初期と思われる症状。
イライラ、無気力がひどい。
朝起きられないことがあるほど、体がだるい。

やる気も起きない。冷え症がひどく、疲れが取れない。

「病気じゃないのに怠けてるんじゃないの?」と思われるのではないかと自分を責めてしまう。
うつっぽい症状があり、人に会いたくない気持ちになる。
ひどい首こりと肩こりに悩まされている。
生理が2週間ですぐ来たり、こなかったりと、生理不順も起こるようになった。

 

 


 

>>高麗人参で効果がなかった人におすすめのサプリ<<

 

 

白井田七の更年期への効果

 

いきなりですが、まず結論から言うと、白井田七。は、私にはすごく実感が出てきています!

 

白井田七はどんな更年期症状に効果があったのか?

冷え性が改善してきた

一番に感じたのは、まず、「体の冷え」がすっかりよくなったこと。私は極度の冷え性で、特に下半身の冷えに悩んでいました。夏場でも靴下を履かない日はないですし、ショウガを摂っても、香辛料を摂っても、体が温まったことがありませんでした。
それが、ここ最近真冬にもかかわらず、家の中で裸足で過ごす事ができるくらい(笑)なんです!夢みたいです。

 

自律神経失調気味だったのに、元気が出てきた!

 

あと、嬉しい変化が、いつもだるくて気分も落ち込みがちだったのが、すごく前向きな気分になれるということ!!!
更年期の症状の原因は、女性ホルモンが徐々に減ってくることからくる「自律神経の乱れ」が引き起こされること。

 

ここ数年の私は、うつ状態と言ってもいいほどでした。
朝も布団から出ることができず、何もやる気が起こらない・・・、家事ができない・・・、人に会うのも億劫だし、クヨクヨしてしまう、などなど。
これって、今冷静に考えたら、ホントに「うつ症状」って言われていも仕方ないと思います。
きっと病院に言ったら、たくさんの薬を処方されてしまったかもしれないです。

そんな状態だったのに、今は新しい趣味に挑戦しよう!というようなやる気が戻ってきて、友達や家族にも「すごく元気に変わった」と言われています。
それから、外面にも変化がありました。肌の調子が明らかに良くなったのです。

 

肌の調子が良くなった

新陳代謝がよくなったのか、シミとくすみが抜けて、なんだか自分でいうのも厚かましいけど、「ちょっと、透明感があるんじゃない?」って感じなんです。

化粧品ではこれほどの効果はまずありません。。。

 

肌だけでなく、髪の毛も元気になってきた

あと、まだハッキリとは確証がないのですが、白髪が何となく減っているような気がします。
この「白髪が減ってきた」というのは特に更年期とは関係ないかもしれませんが、44歳にして、すごい量の白髪の私にはものすごく嬉しい事でした!
あと、髪の毛はとにかくフサフサです!
ハリもあり、白髪をのぞけばとても髪の状態もいいです。

 

 

>>更年期症状への決め手の成分とは?<<

 

田七人参は色々あるけれど・・・

更年期の為に飲むなら安全な「田七人参」を飲みたいですよね。
田七人参は通販でも色々なものが販売されています。Amazonでも、楽天でも売っているのです。
ですが、その田七人参は果たして本当に安全なのでしょうか・・・?>>続きはこちらのページ<<

 

白井田七。
実際飲んでみた感想

私はまず、一番サポニン量が多くて効き目も高いかなと思ったので、「白井田七。」の粒タイプを試してみることにしました。
注文するとすぐに送られてきた白井田七、早速飲んでみました。

 

まずその率直な感想は・・・・

 

かなり独特の匂いがあります。苦味もかなり強い・・・!

 


これは、かなりの匂いですし、はっきり言って、苦いです(T_T)
漢方というか、朝鮮人参をそのままかじったような、そんな匂いがします。土の匂いみたいな独特の匂い。。。
韓国料理で、「サムゲタン」という料理がありますが、あれの中に朝鮮人参が入っていますが、あれを強烈にしたような匂いがします。

なので、多分、飲めない人には飲めないかもしれない・・・というのが、正直な感想でしたが、この粒タイプはリピート率が94%あり、10万個以上売れているサプリメントなんです。
効果がなければ、はっきり言ってこの苦さで飲み続ける人はいないだろうなと思います。。。

 

公式販売元のさくらの森では、初回に限り、15日間は返品保証がついていますので、

味を確かめてから続けられるかどうかを確かめることができます。
この3980円パウチタイプは、楽天やAmazonでは販売しておらず、さくらの森公式サイトの特典となっています。

 

↓無農薬田七人参100%「錠剤タイプ」↓

特に更年期に悩む女性におすすめの
「白井田七。甕(かめ)」

2週間くらい飲み続けていたところ、朝起きるのが、起きやすくなったというか、パチっと目が覚めるようになったんです。白井田七。の効果かもと思っていたので、続けたい!
ですが、粒の白井田七は、やっぱり、飲む時の、あの独特の匂いが苦手でした!
田七人参の漢方生薬の成分が最も多いのは、「白井田七。粒タイプ」なので最初は頑張っていたのですが、私には飲み続けることが苦痛になってきたんですよね。

 

そんな時に、新しく出たのが、「白井田七。甕(かめ)」という商品です。

この変わった名前の甕(かめ)というのは、黒酢を作る甕から来ています。
黒酢そのものの栄養をしっかり摂るために甕(かめ)発酵にこだわっています。

 

↓↓黒酢発酵タイプは吸収されやすく効果実感が早いので女性にオススメ↓↓

 

アミノ酸が200倍以上!更年期に即効性がある白井田七。

この白井田七。甕は、白井田七を黒酢に漬け込んだものなんです。
もともと黒酢はアミノ酸の宝庫で自律神経を整えるので更年期に良いと知っていましたし、もしかしたらこれなら!と思い、粒タイプの白井田七をストップして、この「白井田七。甕」を注文してみました。

 

白井田七。甕タイプは、今のところは、楽天や、Amazonでの取り扱いはなく、さくらの森公式サイトのみで販売しています。
初回は3,980円で買えるし、解約はいつでも自由に出来るので買いやすいです。

 

 

>>アミノ酸で即効性ありタイプを選ぶならこちら<<

 

 

白井田七。
甕(かめ)の口コミ

実際に届いてみると、白井田七。甕は、実際に黒酢が液体で採れるんですね。
一方ずつの個包装になっており、その中に田七人参黒酢が入っています。量は多くないので、スッと飲めます。

そして、肝心の味はというと・・・・。

 

苦くない(笑)!匂いもない!美味しいーーー(^o^)!

 

ホントにこれは飲みやすいです(^^)
さくらの森さんに電話して聞いてみたところ、「白井田七。甕」もちょっと苦いですよー、って言われたのですが、白井田七(粒)に比べたら。。。1/100くらいの苦さしかありません(笑)

 

 

そして、肝心の効果ですが、飲みやすくて毎日飲むのが楽しみなことも良いのか、すごく体調がよくなってきました。
まず、嬉しい誤算だったのが、お肌の調子がよくなったことです(^^)
肌に透明感がでてきて、お肌がとにかく明るくなりました。
化粧品を変えてもいないし、考えるのは、この黒酢しかありません。
それもそのはず、「白井田七。甕」は通常の黒酢よりもアミノ酸がなんと239倍にも増えているということなんですね。

 

>> 田七人参+黒酢のW効果ではっきりわかる<<

 

アミノ酸を摂ると体が変わるんですね♪

アミノ酸はお肌にすごくいいとは知っていましたが、これほど効果があるとは思いませんでした。
そして、何よりも疲れが全然違います。
私は一日外出したり旅行に行ったりしたら、帰ってきてから2日ほど家事ができなくなるほどしんどくなって一日ソファーで寝ているような体質だったのですが、翌日から家事もバリバリとでき、仕事にも行けるように。

なんというか、どんどん動ける!って感じなんですよね。
白井田七錠剤タイプの方は、飲むのにちょっと勇気がいる感じでした。
「あ、、飲まなきゃ。体のために・・・。」という感じでしょうか。
でも、この、甕(かめ)タイプは、「飲みたい!美味しいし、飲んだら体調が良くなって、お肌の調子も良くなる!」と思えるので自然に手が伸びる。
この差は大きいです(笑)

 

 

白井田七勉強会でも更年期への効果を確信しました


その後、白井田七勉強会というので知ったのですが、白井田七甕タイプは、錠剤タイプに比べて、「黒酢発酵」させていることにより、
体に吸収し易い「低分子」に変わっているそうなんです。
吸収力が高く、アミノ酸が豊富なので更年期で悩む人にはとにかく早く効果が出るとのことでした。

 

冷え性で代謝が悪い人には向いているかも。

体の吸収力は人によって違います。
体質の差があると思います。

私ももともと血行が悪くて便秘気味だったりと腸内環境も決して良くないと思います。
そういう女性は多いと思いますから、やはり低分子で体に吸収しやすい発酵タイプである「白井田七。甕かめ」はとてもいいのかもしれません。
私には、田七人参の良さと一緒に黒酢の効果が体に合っていたようです。

 

白井田七。(粒)のニオイや味がダメで、続けたくても続けられなかった人には、この、黒酢タイプはおすすめですね。

 

>>黒酢発酵の効果について 
詳しくはこちら<<

 

 

 

白井田七 粒タイプ 効果は?


白井田七は苦いですが、貴重な田七人参ほぼ100%で、続ければ必ず効果は出るはずだと感じていたので、
とりあえず続けました。
漢方というのは、とりあえず、3ヶ月続けて下さいと言われます。
ですが、私は、過去に漢方を飲んでいた時には、だいたい一ヶ月位で体に変化が現れたことがありましたので、
だいたいそれくらい飲めば何らかの変化は感じられると思っていました。
実際には、まず一週間くらいで感じたのは

  • 朝起きたときの気分がよくなっている。
  • 肩こり・首こりが少しマシに思う。
  • 体の冷えが解消される

 

などです。
更年期に差し掛かってからというもの、何より、朝起きたときが辛いんですよね。
朝がきてもスッキリ目が覚めない、目が覚めても体がだるいので起きづらい。
あとは憂うつ感、なども強くなってきてましたが、
白井田七を飲んでしばらくすると、まず私は気分的に楽になってきました。
いわゆる「自律神経の乱れ」「不定愁訴」みたいなものですが、
女性ホルモンが減ってくると自律神経が乱れますが、田七にはその自律神経を整える効果があると言われているんですね。
田七人参には豊富なサポニンが含まれていますが、このサポニンにが大脳に働いて交感神経や副交感神経に作用するといわれています。
さらに、疲労回復にも効果があると言われていて、中国では、過去には軍隊で用いられていたり、現在ではスポーツ選手が飲んでいることでも有名です。

 

>>安心・安全な 田七人参 「白井田七」 公式サイトはこちら<<