白井田七はいつごろから効果が感じられたか?


今、更年期で悩んでいる人、何か体質改善したいと思っている人の気になる点は、やはり、「どれ位飲んだら効果が出るのか?」ということではないでしょうか。
これについては、私の場合は、5日ほどたった頃だったと思います。

 

朝、目覚ましが鳴る前に、自然に目が覚めたことが一番最初の実感でした。
普段、私は目覚ましがないと朝起きることはできません。
目覚ましがなったとしても、布団から出ることが非常にツライのがこれまでの人生でした。

 

大袈裟に言うと、子供の頃から、朝ラクに起きれたことは一度もなかったのです。
ですが、白井田七を飲んで一週間ほど経った時、スッと朝目が覚めて、布団から自然に起き上がれたのにはビックリしました。
その後、二週間経つ頃、肩こりと首こりがマシになっていることに気が付きました。
その他にも肌のハリとか、気分がいいとか、そんな違いがどんどん出てきました。

 

ふと、鼻歌をうたっている自分に気がついた時はホントに驚きましたけどね笑

 

ですので、個人差はあると思いますが、二週間も白井田七を飲んでみたら、殆どの人に何らかの体の変化は起こるのではないかと思います。

 

 

白井田七。に効果がないという口コミもあるけど・・・

中には、白井田七に効果が全くないというような口コミもありますが、私にはそれは不思議に思えます。
実際に私は飲み続けていて効果を実感していますし、疑い深い私は、白井さんの本まで買って読んでみました(笑)

 

すると、白井田七を作るために、どれだけ妥協せずに、中国という日本と全く違う文化と国の違いの中でやってきたのか、ということが書かれていますし、作られているのは、正真正銘の漢方生薬だということがわかりますから、何の効果も出ないわけは無いかな?と思います。
漢方が全く効かないというのと同じですから。。。

 

ただ、やはり漢方であれ、薬であれ、その人の体に合うかどうかというのは、あると思います。
合わなければ、自分の望んでいる効果は出ないですし・・・。

 

あと、白井田七の粒タイプと白井田七の甕タイプでは、効果の実感にはかなり差があるというのが私の感想でしたが、
それは正しいようです。
黒酢で発酵させている「白井田七甕。」のほうが、低分子になって吸収されやすいため、効果を感じやすいということがあるそうですよ。
私は、しばらく「白井田七。甕」を飲んでいたんですが、最近、また粒の方も飲み始めました。
というのは、白井田七粒のほうが、コスパがいいので・・・笑

 

白井田七は毎日4粒飲んで、「あーーー、疲れたな-、明日も予定があって、頑張らなきゃ!」っていう時に甕を飲んでいるんです。
栄養ドリンク的に飲んでます。
即効性を感じるので、白井田七甕は、そういう使い方も良いのかなと。

 

ちなみに、さくらの森さんで直接聞いてみたんですけど、白井田七。と白井田七甕。は両方飲んでも大丈夫だそうです(*^^*)

 

 

↓効果を実感しやすい 発酵タイプ。アミノ酸豊富の「白井田七。甕」はこちら↓

 

↓やっぱり「白井田七。そのもの」で体質を変えたいなら「白井田七。」 はこちら↓